15-01.jpg

探偵が離婚相談?と思われた方もいらっしゃると思います。
実は探偵が離婚に関わる調査を受けお手伝いする場合、「相手の浮気・不倫に悩んでいる。」というケースが殆どです。
探偵に不倫調査の依頼をされる方は「不倫された腹いせに自己満足の為に不倫調査するんでしょ。」と言った考えは間違いです。
ご依頼者様の当初の調査目的は「事実を知ること」であったかもしれません。
しかし、「不倫は結婚生活における重大な違法行為」にあたります。
当然、慰謝料の請求対象となり訴えることができます。

不倫は離婚原因としても認められており、不倫の事実を知りその後決意をされる方がいます。
不倫調査の結果、不倫現場・不貞行為の証明を押さえることができれば、弁護士に資料を渡し弁護士が調査資料を用いて調停・訴訟を行っていきます。
決定的な不倫の証拠が取ることができると、不倫の慰謝料・養育費・親権など全て有利に展開出来るのです。
その為の基礎知識を学んで頂き、事前に不倫調査を進めることをお勧め致します。
なぜなら慰謝料が確定すれば少なからずそこまで掛かった費用だけでなく、今後の生活に大切なものを取り返す事が出来るからです。
誰の為かというとそれはお子さんの為、ご自身の今後の為なのです。

離婚件数グラフ.jpg現代ニッポンの離婚の現状

グラフ近年、離婚率は年々増加傾向にあります。決して稀なことではありません。
10代、20代の増加に加えて熟年離婚についても年々増加傾向にあります。
さらに今後団塊の世代の離婚が増えればさらに増加すると予想されます。
また婚姻期間が長い夫婦の離婚が増えており、熟年離婚の数は数字上でも確認されています。


動機としては「性格の不一致」が一番多いのですが、男女ともに異性関係が上位にあります。
これを読んでいる方で少なくとも一人は身近に経験がある方がおられると思いますが、数人にひとりは不倫など異性関係が原因で離婚をされています。
そのような方は知人から原因を聞かれた際、表向きは「性格の不一致です。」と答えますが、実際は不倫など異性関係で悩んで離婚をしています。
離婚をした方は体裁を気にして言わないだけであって、不倫で悩んでの離婚は決して珍しいことではありません。
正確には「性格がお互い合わないので不倫して異性関係が原因で離婚した。」というのが本音だと言えます。

男性 女性
1位 性格の不一致 63,2% 1位 性格の不一致 46,2%
2位 異性関係 19,3% 2位 暴力を振る 30,8%
3位 家族親族と折り合いが悪い 17,6% 3位 異性関係 27,5%
4位 異常性格 14,5% 4位 精神的に虐待する 23,0%
5位 精神的に虐待する 11,6% 5位 生活費を渡さない 22,0%

ここ10年間で離婚の方法も協議離婚だけでなく、お互い条件が折り合わないなどの為、調停・審判・裁判による離婚もあわせて増えてきています。
  婚姻総数 離婚総数 協議 調停 審判 裁判
平成2年 722,138 157,608 142,623 13,317 44 1,624
平成13年 757,331 289,836 264,430 22,846 74 2,486

問題解決は.png