最近、仙台市内で青色の街灯(防犯灯)を目にするようになりました。宮城県内では仙台市若林区、大和町の一部地域で導入されたと言います。

青色には鎮静作用があり、心が平穏になって本能的な衝動が抑えられるため、衝動的な犯罪を抑止する効果があると考えられています。 犯罪を減少させるため、その効果を期待したいところ。

ここ若林区古城では、2008年11月18日に路上刺傷事件が起きています。会社員の男性が自転車で帰宅途中に何者かに左目付近を刺され、重体となっている。

目撃情報も少なく、事件の犯人はまだ捕まっておりません。発生から2ヶ月が経過し、仙台南警察署では事件の風化を懸念しています。

現場付近には情報提供を呼びかける看板が設置されているが、仙台南署では情報提供を広く呼びかけています。

仙台市若林区古城 路上刺傷事件
〜情報提供フリーダイヤル〜
0120−886−603
◇ 宮城県仙台南警察署刑事第一課