素行調査の中でも“結婚調査”というカテゴリーの調査があります。

個人の信用度を計る目的で自分自身の結婚相手を調査する依頼人も居れば、親御さんからの依頼も意外と多い調査。

将来、親族となりうる人物がその生い立ちや、どんな環境で育んできたのか事前に知っておきたいというのも分かる気もします。

ましてや、娘(や息子)が結婚したいという相手について詳しく話してくれない時などは、親としてみればなおさら心配の種になるのでしょう。

そんな想いから請け負う依頼は多いが、まれに対象者が複数(!)居るということ。
二股掛けてお付き合いしている男性について、ふるいにかけたいためか…。

聞けば、二人とも大手企業のエリートサラリーマン。
年収もどちらも見劣りするものはなく、性格もまじめで優劣の付け難い相手らしい。

違いがあるとすれば職種くらいであって、一方は事務職、もう一方は技術系。
依頼人からは履歴書に相当する情報を頂いたが、探偵から見ても判断の付けようがなく、あとは容姿や価値観のたぐいになるだろう。

そして、共に1週間ずつの素行調査の結果、経歴からは全く見えてこない人間像が見えて来た。

かくして、最終的にどちらに軍配が上がったかは探偵の関知するところではないが、間違いなく1人の男性が新たな縁談を探していることであろう。

『名は体を表す』

そして、『行動はその人となりを表す』…

のです。