依頼人も現場を見たいという願望がある。

現場状況によるが、ごくまれに…調査車輌に依頼人が同乗して現場に入る事もあるのです。
気持ちは分かるし、誰しも自分の目で確認したいもの。

「報告書は要らないから、自分の目で確認したい!」と、懇願する依頼人も居た。

依頼人は愛人男性から分譲マンションを買い与えられ、月々のお小遣い(?)も探偵の月給以上も与えられていた。

その彼に別の愛人が出来たと言う。

愛人とは婚姻関係がないので、誰と付き合おうと勝手なのだが、やはり愛人としては他に女ができたと分かった以上、どこの誰といつどこで、どんな顔をして会っているのか知りたくなるのも当然といえば当然のことだろうか…。

当初、週末の3日間だけ調査して欲しいという依頼は、終わりが見えない調査へと進んでいったのです。