何気ない風景を眺めているだけで、人と人の出会いや別れが見えてきて、街にはたくさんの喜怒哀楽の模様を発見することができます。

待ち合わせ場所に早めに到着し、ちょっと待ち時間が出来たので、探偵トレーニングを始めてみます。

最初に視界の中から人間ウォッチング。

まずは探偵っぽい 1人の男性を勝手に決めつけます。

次に、マルタイ(調査対象者)として、対角の向こう側に立ってる女性。

これも勝手に決めつけます。

さて、ここで考える。

「自分だったら、もう少し角度を変えて、もうちょっとだけ右側から見てれば、その後の尾行も不審を与えないのに、下手くそな探偵さんだなぁ」なんて…。

実はこうしたシミュレーション、プロ探偵にとってものすごく大事なのです。

張り込んでいる時の当人はどうしても、その状況を客観的に捉えられない面があります。

自分が当事者でありながらも、別な自分がバードビューのような視点で状況把握し、”もうひとつの客観的な眼” を活かしていくためのトレーニングなのです。

名探偵なら、いつ何処にいても、こうした思考訓練を欠かさないようにしないとね!

さてさて、(勝手に決めた)探偵さんは待ち人来たり。現れた女性と手を繋いで立ち去っていきました。

一方、(勝手に決めた)調査対象者も、やはり男性が現れて、肩を寄せて街の雑踏へと消えていきました。

それぞれが浮気現場だったとしたら、「この位置からのビデオ撮影なら完璧だな!」

プロ探偵の仕事って、けっこう日頃のトレーニングが欠かせないんです。