夫婦、あるいはパートナーと居住地の名義を共有していた場合…
その生活を清算するようなことになった際、どうしたらいいでしょうか?

住宅ローンを組んでいる夫婦の場合、夫婦が連帯保証になっていることが多いので、離婚したからと言ってこの連帯保証が無効になることはありません。

別れて出て行った側も払い続けなければならないリスクを背負うのです。

よくありがちなのが、その家に住み続ける人がローンを引き受ける・・・
という取り交わしがあるようですが、その人が支払い不能になったら、連帯保証人である出て行った元パートナーにも催促が来るわけです。

今以上余計な出費を出さないためにも早めに法的手続きを取り、将来の損害は最小限に止めましょう。