離婚後・・・元夫(もしくは妻)から、昔のこじれた話を蒸し返され、訴訟をおこされそうになった。

こんなことも希にあると思いますが、
この場合、売られた喧嘩は買う?それとも嵐の過ぎるのを待つ?

理由は様々ですが、金銭が絡むと意地でも奪い取りたいものです。

例えば、昔不貞を働いたパートナーから慰謝料が取れるかどうかですが、不倫相手に請求することができる慰謝料にも時効が存在します。

この時効(不法行為の消滅時効)は、不倫の事実および不倫相手を知ったときから3年、不倫の行為(不法行為)から20年です。

3年たったら消滅時効にかかるということではなく、不倫の事実があり、不倫相手を知ったときから3年で消滅時効になります。

売られた喧嘩に噛み付くか、じっと時効を待つかはあなた次第。

逆に、動かぬ証拠をしっかり押さえてあって、しっかり慰謝料を取りたい方は3年がリミットです。