2008年にiPhone(アイフォン)というスマートフォンが登場しました。
近年、スマートフォンの国内普及率は25%を超え、先般発売された「iPhone 5s(c)」からドコモも参入し、更に普及率は伸び続けるでしょう。

現役の探偵として・・・
スマートフォンのアプリには、探偵の七つ道具にも勝るとも劣らない機能は目を見張るものがあります。

探偵の七つ道具といえば


業務上、証拠収集と言う目的から、悪条件下での録音や撮影機能が求められる道具となります・・・それも気付かれずに。

現役の探偵も重宝する悪用厳禁の便利アプリは・・・

まずは録音編。
ちょっと前まで、ICレコーダーがほとんどの録音という場面で多用していましたが、ケータイにケーブルを繋ぎ通話録音していた、そんな時代も忘れてしまいそうな、眼からウロコの「通話を自動で録音する」アプリ。


アプリを立ち上げなくとも、発信・着信の通話が全て自動で録音されます。

後から重要な会話を聞き直す事が出来るため、メモが取れない環境などでは大変重宝します。
いたずら電話に困った際の証拠にも使えそうです。

また、知らない土地やナビを利用したい際にはGPS機能が役立ちますが、自分の軌跡を後から確認したい場合などGPSロガーなどを使っていましたが、やはりスマホでその場で確認できたら便利なもの。

そんな願いを叶えてくれるアプリがある。


もともと、ジョギングなどのトレーニングを管理するためのアプリですが、その軌跡を地図上に記録できるのが便利。しかも正確な軌跡で。

例えば、知らない土地をどう歩いたのか・・・後から検証することも出来ます。

あくまでも、悪用厳禁です!

その他、撮影面では、スパイカメラなるアプリも出回っており、暗視機能も付いてはいるものの、もともとのカメラ性能に依存するため、この分野はアナログの撮影機材に軍配が上がるようです。

まだまだご紹介したい便利アプリは多々ありますが、またの機会ということで。