『連続ドラマW 悪党 ~加害者追跡調査~』コラボポスター完成

名匠・瀬々敬久監督が挑む感動のディテクティブサスペンス。東出昌大と松重豊ら豪華俳優陣を迎え、ベストセラー作家・薬丸岳の傑作ミステリーを連続ドラマ化。

2019年5月12日夜10時よりWOWWOWプライムで放映される『連続ドラマW 悪党 ~加害者追跡調査~』と総合探偵社ガルエージェンシーのコラボポスターが完成しました。

WOWOWプライムにてスタートする『連続ドラマW 悪党 ~加害者追跡調査~』(全6話)は5月12日(日)から放送になります。本作は、東出昌大さん演じる元刑事の探偵・佐伯修一と松重豊さん扮する探偵事務所所長・木暮正人が、犯罪加害者の追跡調査を行う中で葛藤するさまを描くサスペンスです。

悪党 ~加害者追跡調査~

全国のガルエージェンシー等で順次掲示いたします。

『連続ドラマW 悪党 ~加害者追跡調査~』
2019年5月12日(日)スタート(全6話) [第1話無料放送]
毎週日曜 夜10時よりWOWOWプライムにて放送

<ストーリー>
 刑事を辞め探偵事務所で働く佐伯修一(東出昌大)は、依頼者の細谷(渡辺いっけい)から「息子を殺し、少年院を出て社会復帰している加害者の男を追跡調査してほしい」と頼まれる。所長の木暮(松重豊)の命令で調査を開始する佐伯だが、彼自身も幼いころに姉を殺された被害者遺族で、犯人への復讐心を胸に抱えて生きてきた。調査を進めると、対象の男・坂上(青柳翔)は振り込め詐欺をし、さらなる犯罪に手を染めていた。細谷は、坂上を観察していた佐伯に「その男を赦すべきか否か、その判断材料を見つけてほしい」と追加依頼する。そして坂上に接触した佐伯は、ある結論を細谷に告げる。
 その後も、「犯罪加害者の追跡調査」を続けることになった佐伯。調査によって、明らかになっていく犯罪加害者たちのその後。そして佐伯は、はるか(新川優愛)の力を借りて、かつて姉を死に追いやった3人の「悪党」に辿り着く。燃え盛る復讐心に駆られる佐伯が取った最後の行動とは…!?

原作:薬丸岳『悪党』(角川文庫) 
監督:瀬々敬久(『64-ロクヨン-前編/後編』『8年越しの花嫁 奇跡の実話』)
脚本:鈴木謙一
音楽:大間々昂

出演:東出昌大 新川優愛 青柳 翔 蓮佛美沙子 山口紗弥加 寛 一 郎 篠原ゆき子

中島 歩 / 渡辺いっけい 三浦誠己 山中 崇 波岡一喜 / 柄本 明 板谷由夏 / 益岡 徹 / 松重 豊

<関連番組>

『友罪』2019年5月5日(日・祝)夜9:00 WOWOWシネマにて放送

連続ドラマW 悪党 ~加害者追跡調査~/プロモーション映像(30秒)【WOWOW】